前回の配信では、理想の歯磨きは

 ◎夜、殺菌する ◎朝、乳酸菌をすり込む

の1日2回、というお話をしました。

でも、毎日2回するのはタイヘン…、口を触らせてくれない…、という方に、
理想のレベルからは落ちるけど、『続けやすい』方法を今回お伝えしますね。

まずは、歯磨き方法について、効果の高い順にご紹介します。

1位 歯ブラシで磨く
2位 指につけるタイプのブラシorコットンで磨く(指磨き)
 ・
 ・
 ・
3位 スプレーorスポイトなどで口の中に洗浄剤を入れる
4位 飲み水に入れて飲ませるタイプの口内ケアグッズを使う
5位 ロープなど歯を擦るタイプのおもちゃに洗浄剤をスプレーする
 ・
 ・
 ・
(ランク外 歯磨きガム)

やっぱり、食べカスなどの除去にはブラシで磨くのが1番効果的です。

ただ、『歯周病菌を減らす』ためには

”歯周病菌が増えやすいポイント(場所)”

に殺菌洗浄剤や乳酸菌が届かなければ意味がありません。

そのポイントとは、、、『歯と歯茎の間』です!

そう、人間の歯ブラシの宣伝でもおなじみの『歯周ポケット』という場所です。

歯と歯茎の間に洗浄剤をすり込むように磨かないと効果が高まりません。
(歯磨きガムが”ランク外”な理由、分かって頂けたでしょうか?)

なので、歯ブラシを使っていても表面をサッとなでるだけ、のような
使い方でしたら、2位の指磨きのほうが効果が高いかも知れません。

1位と2位は、使い方によってはそれほど差がありませんので、
やりやすい方でやって頂ければ大丈夫です。

2位と3位の間があいているのは、効果の面でみると
やっぱり「直接磨く」のとはかなりの差があるからです。

でも、だからといって、

「やらないよりはやったほうが絶対イイ!」

ですから。

1位2位がムリなら、3位から順にチャレンジしてみてください。

私がやっている方法は、10歳のトイプードル(みるこ)には

◎朝晩、毎日スプレー
◎2~3日に1回、ブラシで歯磨き

2歳のMIX中型犬(ニコラ)には

◎飲み水に入れるタイプのケアグッズを毎日飲ませる
◎1週間に1回、指にはめるタイプの専用ブラシで歯磨き

恥ずかしながら、みるこは一昨年くらいまで口内ケアを、
ほぼさぼっていました(汗)。

で、口臭と歯石が「これはヤバイ」という段階になって、
お店でも歯磨きコースを始めたり、口内ケアグッズコーナーを充実させたりするのに
みるこにモニターになってもらおう!ということで、
いろいろな商品を試してみました。

いろいろやってみましたが、ブラシでの歯磨きは準備や片付けまでやらなくちゃいけないので
どうしてもサボりがちになってしまいます。

でもスプレーなら、私のベッドサイドに置いて、

 ”夜、ベッドに入る直前にスプレー”、”朝、起きたら即スプレー”

というルールを決めて、簡単に実行することができました。
今ではすっかり習慣になってます!

この習慣で、口臭はほとんどなくなりましたよ♪

前歯の歯石はキレイに取れました。

奥は、もともとガッツリ歯石がついていたので、まだ取れていませんが、
だいぶ小さくなりました。

「・・・それなら自分も続けられるかも!」

と思って頂けたら幸いです♪

次回は、実際いろいろな商品をためしてみて、
使いやすかったもの、効果が高かったもの、をご紹介しますね!